お知らせ

体験や見学のお客様から「京焼の特徴は何ですか?」と聞かれることがあります。「京都で焼いている陶器は全部京焼なので、それぞれの窯でスタイルがありますが、うちの特徴は図柄のデザインと装飾の技術です」と答えるようにしています。

例えばこの急須です。玉露などうまみを十分引き出して飲みたいお茶を60度くらいのお湯で入れるときにおすすめです。お湯が熱くないので取っ手の必要がないのですが、持ちやすいように二か所ボタンが付いています。梅の木の一部になってわかりにくいのですが、手で持つとわかります。図柄は蓋とも合わせないといけないし、作るのは結構大変ですが、ちょっと自慢したい職人の技です。

うちではごはんの時にはくきほうじ茶です。近くの今熊野商店街の大谷園さんで買います。ほうじ茶はアツアツのお湯で入れるので持ち手のついた急須を使っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。