楽焼コース

例:ぐい呑み 約60分 3,000円(税別)。小皿や湯のみもできます。
抹茶茶碗は5,000円(税別)。作品はその日に持って帰れます。


 10:00

工房に入ったらエプロンを貸してもらい体験スタート!まず職人さんが見本を見せながら全体の手順を説明します。

 10:10

①素焼きを選び、色や柄を考えます。

男性

日本酒好きの私はぐい呑みかな。

女性

ミニ花瓶もかわいい。

手順①-1

②完成した色のイメージはこんな感じ

男性

この茶色、民芸調で好きかも。。

女性

小皿は色んな使い方が出来そう。

手順②-1
カップル

よし、これに決めた!

手順②-2
 10:15

③釉薬(ゆうやく)を載せていく。

男性陶芸家

薬の色と実際の焼き上がりの色は違うので注意してください。

男性

化学反応だね

女性

間違えないようにしなきゃ

手順③-1
男性

どんな出来上がりか楽しみだね

女性

楽焼って千利休とか使ってた黒や赤のお茶碗のイメージがあるけど。。

男性陶芸家

低温で焼き上げる楽茶碗は本来格式の高いものですが、ここでは形も色も自由です。目の前で起こる色の変化を楽しんでもらいたくて専用の窯を作りました。

手順③-2
 10:40

④全体的に塗れたら完成。窯の温度が800度になるまで待ちます。

 10:45

⑤窯が800度になったら職人さんが作品を窯に入れます。

男性

本当に火の中に入れた!

女性

火っていいよね~

手順⑤
 10:50

⑥目の前で作品が仕上がってゆきます。職人さんが窯から取り出して冷やします。

カップル

おお!出来上がった~♪

手順⑥
 11:00

⑦出来上がり!作品はお持ち帰りください。

男性

今夜はこれで何か飲みたいな~

手順⑦

初めての方でも楽しんで頂けるよう、丁寧にサポートさせていただきます。

ご興味のある方はお気軽にお問合せ下さい。
体験の予約・お問い合わせはこちら

実際に体験された方の作品を随時、お知らせにアップしています。
よろしければそちらもご覧ください。
お知らせはこちら

©  京のやきもの 泉涌寺 俊山窯 All Rights Reserved.
PAGE TOP