お知らせ

日本ではうちで使用する箸、お椀、ごはん茶碗、湯のみなどは自分のものが決まっていることが多いと思います。毎日使っているうちになんとなく愛着がわいてきて、家族といえども自分以外のを使う事には違和感があります。

京都はパンの消費量が日本一らしく、おしゃれなパン屋さんがたくさんあります。私もパンが大好きで、朝はトーストですが、パンのお皿は各自決まっているわけではありません。外国ではどうなんでしょうか。夫婦茶碗のような男女でサイズが違うのも日本ならではの気がします。

京のやきもの「わくわく」(京都、東山、泉涌寺)には各種ごはん茶碗がそろっています。マイ茶碗を探してみませんか。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。