お知らせ

少し早いですが秋の七草の蓋付き小付けです。

萩、葛、藤袴、女郎花(オミナエシ)、尾花(別名ススキ)、撫子(ナデシコ)、桔梗。万葉集で山上憶良が「秋の野に咲いている花が7種類ある」と言ってこれらの花を挙げました。(歌では桔梗が朝顔になっていますが、桔梗であろうとのこと)。

俊山窯(京都、東山、泉涌寺)では抹茶茶碗から小さなデミタスカップまで色々な器に7種類の花をひとつひとつ手書きで描いています。

ショールーム(京のやきもの「わくわく」)で手にとってご覧ください。

 

 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。